私の写真は見ることによって見失ってしまったものを、
見ることによって取り戻す試みである。
見ることによって人は世界を明瞭なものとするその一方で、
見ることの堆積は、時に私たちの目をふさぐ。
網膜(Rétines)。目の前に漂う光をとらえるもの。
そして私たちは、見る。

見ることによって見失ってしまったなにものか。
もし私の写真がそれらを示すものとなり得たなら、
それは古より伝わる叡智や詩歌、舞いや祈りと同期するだろう。
文化も言葉も習慣の違いをも乗り越えて。


圓井義典